レース展望

萩野滋夫のレース展望
  • BOAT RACE浜名湖がある湖西市新居町がJLCアナウンサー・荻野滋夫のふるさと。
    幼いころから感じていたレーサーへの憧れが、ボートレースへの情熱の源です。
    選手の近況成績やリズムだけでなく、個性や人柄を交えてお送りする『シリーズのプロローグ』は情報多彩で情緒満点。レースイメージの翼を広げるためのお供にどうぞ。

  • 2017年10月25日(水)・26日(木)・27日(金)・28日(土)・29日(日)
  • 一般 日本トーター杯アタック

    • 横澤剛治
    • 3956
    • 横澤剛治 /静岡
    • 山室展弘
    • 3070
    • 山室展弘 /岡山
    • 中澤和志
    • 3952
    • 中澤和志 /埼玉

歴戦の雄が多数揃った激戦必至のシリーズ!

『日本トーター杯アタック』は10月25日(水)から29日(日)までの5日間開催。歴戦の雄が多数揃った激戦必至のシリーズは、地元の横澤剛治選手をはじめ、山室展弘・中澤和志・山田哲也・正木聖賢・佐々木和伸・西村勝の6選手などメンバーは枚挙にいとまがありません。

中でも横澤剛治選手はシリーズリーダー候補筆頭。今年6月に、浜名湖通算10回目の優勝を飾っており、その特性を知り尽くしているのは周知の事実です。
繊細な感性と豊富な経験値を活かして的確に調整。機力を余すところなく発揮させてくれることでしょう。とりわけ、旋回能力を駆使したセンター戦に注目です。

また、山室展弘選手も浜名湖は好相性。この7月の優勝を含め、過去V10を誇るドル箱水面です。
多くは語らずも、『機力を水準以上に引き上げる調整力』『常に勝負できるスタート』『キレイなレース』が魅力であるのは誰もが知るところ。多くのファンの興味をひきつけ、熱視線を浴びる存在です。意外性のあるコース取りからレースの起点となることでしょう。今回、メンバー中トップの7.21の勝率をひっさげ参戦してきます。

この両雄に次ぐのが中澤和志選手。近況勝率7.14は実力そのままですが、圧巻なのは1着率。37.3%の確率で先頭ゴールを果たしてきています。迷ったら、外枠でもアタマ勝負でしょう。

そのほか…
スタート力はボートレース界随一。菊地孝平選手顔負けの切れ味でスリットラインを超えていくばかりか、理論派らしい裏付けある調整で勝負に持ち込む山田哲也選手

いっとき目立たない時期もありましたが、勢いが戻り、近況7.02の勝率をマーク。一本気なレーススタイルに豪胆さを感じさせる正木聖賢選手

派手さはなくとも、堅実味ある競走でファンに貢献。3連対率70.2%の数字の中に、穴党を喜ばすヒントが隠れている実力派・佐々木和伸選手

SGウイナーであり、敢闘精神のかたまりのような存在。周囲も一目置く埼玉のベテラン・西村勝選手

10月期末を控え、勝率6.27(10月15日現在)。A1昇格がかかる浜名湖となる高橋正男選手

そして、地元の伊藤将吉・今坂晃広・大石和彦・鈴木孝之の4選手など、メンバーは実に多士済々です。

10月25日(水)から29日(日)まで開催の『日本トーター杯アタック』にどうぞご期待ください。

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
TOPへ