• 出走表・予想PDF
  • レースリプレイ
G1スピードクイーンメモリアルヴィーナスシリーズオールレディース冠レース協賛LINEスタンプ電投キャンペーンオラレ浜松オープン直前予想&PDF新聞リニューアル2024年度ドリーム戦ファン投票Mooovi浜名湖次節開催告知BOATCAST映像サービスファンの皆様へ

次節のレース展望

あと
7日

一般

創刊70周年記念 中日スポーツシルバーカップ

6月
29
30
7月
1
2
3
4

3909

3909
佐々木康幸

4030

4030
森高一真

「創刊70周年記念 中日スポーツシルバーカップ」は6月29日(土)から7月4日(木)までの開催。記念ウイナーから新進気鋭の若手まで幅広いメンバー構成となっています。

シリーズの中心メンバーは、佐々木康幸・森高一真・中野次郎。黒野元基の4選手。優勝戦線の核となることでしょう。

中でも、3月11日の戸田で優勝。24場制覇(史上35人目)を達成した佐々木康幸選手は、その戸田を含め、三国(3月)、常滑(3月)、浜名湖(4月)で栄冠を勝ち得ており、今年すでにV4。最も勢いがあります。
加えて、地元浜名湖は2007年の周年記念を含めV13と圧倒的な強さを誇っており、大会の看板として注目一番手となっています。

これに次ぐ森高一真は、来期適用勝率7.19で参戦メンバートップの成績をマーク。1着率29.2%(144走し1着42本)に勝負強さが表れていますが、その背景にあるのが、道中の全速戦。混戦時こそ握って旋回し競り勝つシーンが多くなっています。

また、オールマイティレーサーの中野次郎選手は来期適用勝率6.75で参戦メンバー3位。
1艇身の安定したスタートと確かなさばきには定評がある関東の雄にほかなりません。

また、直前のびわこイースタンヤングでは予選突破を果たしたものの準優5着となったのが黒野元基選手。コース不問のレース力を念頭において舟券作戦を立てたいものです。
そのレース力とは…
1コース1着率64.8%
2コース1着率20.4%
3コース1着率20.4%
4コース1着率29.5%
5コース1着率19.5%
6コース1着率 2.5%
上記の過去1年間(2023年6月~2024年5月)の数字に明確。今年4月6日の若松Vも4コースからの差し勝利でした。

そのほか…
6月10日の戸田一般戦で勝利し、最年長勝利記録を77歳3ケ月に伸ばしている高塚清一選手

地元浜名湖は通算V15。経験値で勝る勝負師・金子良昭選手と、浜名湖V7の渡邉英児選手の地元ベテラン

来期適用勝率を5.31とし、2025年前期にはA2昇格を目指す位置に上がっている眞鳥章 太選手など多士済々です。

6月29日(土)から7月4日(木)まで開催される「創刊70周年記念 中日スポーツシルバーカップ」にご期待ください。
(文中データは6月20日時点のものです)

公式アカウント

  • LINE
  • X
  • Instagram
  • Facebook
  • Youtube
  • Youtube
TOPへ