レース展望

萩野滋夫のレース展望
  • BOAT RACE浜名湖がある湖西市新居町がJLCアナウンサー・荻野滋夫のふるさと。
    幼いころから感じていたレーサーへの憧れが、ボートレースへの情熱の源です。
    選手の近況成績やリズムだけでなく、個性や人柄を交えてお送りする『シリーズのプロローグ』は情報多彩で情緒満点。レースイメージの翼を広げるためのお供にどうぞ。

  • 2021年10月30日(土)・31日(日)・11月1日(月)・2日(火)・3日(水)
  • 一般 オレンジリボン運動支援競走 ニッカン・コム杯

    • 大山千広
    • 4885
    • 大山千広 /福岡
    • 前田篤哉
    • 4983
    • 前田篤哉 /愛知
    • 三浦永理
    • 4208
    • 三浦永理 /静岡

見どころ満載の男女混合戦に大山千広&三浦永理が参戦!

「オレンジリボン運動支援競走 ニッカン・コム杯」は10月30日(土)から11月3日(水)まで開催の男女混合戦。見どころ満載です。

看板を背負うのは、大山千広・前田篤哉・三浦永理の3選手。シリーズのけん引役になることでしょう。

中でも大会の華となるのが、大山千広選手。
2019年の蒲郡レディースチャンピオンの覇者は、あくなき挑戦を続ける本物のアスリートです。母親で元レーサーの大山博美さんに…「はじめの頃は教えてあげないといけないと思っていましたが、私たちが考えもしなかった乗艇方法を見出そうとしたり、競技者としてあるべきメンタルを追求したりする姿をみて何も言えなくなりました」と言わしめた本物のアスリートです。
フライング禍の影響もありやや調子を落としている感じもありますが、8月に福岡で優勝するなど自力に変化はありません。
広い浜名湖水面を自由自在に滑走することでしょう。

また、令和2年の最優秀新人選手に輝いたのが前田篤哉選手。
今年は8月の多摩川Vのみとなっていますが、研究熱心な前田選手のこと。モーターを快速に仕上げ、自在性豊かな競走で混戦を抜け出してくることでしょう。

この両者を追うのが地元の三浦永理選手。
5月以降の新期適量勝率を6.86としており、大村のクイーンズクライマックスで優勝した2012年当時の勢いが戻ってきました。
「テクニカルエリー」の称号にふさわしい型を超えたレーステクニックを堪能できるシリーズとなりそうです。

そのほか…
今年4月の浜名湖オールレディースで優勝を飾っており、例年通り堅調な戦いを演じている池田浩美選手

今年6月初旬の浜名湖で、1号艇ながら2コースを強いられたものの差して優勝を飾った永田秀二選手など多士済々です。

10月30日(土)から11月3日(水)まで開催の男女混合戦「オレンジリボン運動支援競走 ニッカン・コム杯」にご期待ください。
(文中データは10月24日時点のものです)

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
  • Youtube
TOPへ