BOATRACE 浜名湖

実況解説者の紹介&なるほどレースナビ

実況解説者の紹介

実況解説者の紹介 山口新之輔

こんにちは、浜名湖の実況担当、山口新之輔です。

浜名湖の実況担当として7年目に突入しました。気付けば約15,000レースを実況してきたことになります。

常にファン目線で実況することはもちろんのこと、少しでも詳しく、わかりやすくレース展開、ちょっとした選手の動きもしっかりとファンの皆様にお伝えしたいという思いからピットアウトからゴールまでできる限り艇団から目を離さぬよう、台本を読んだりレース中に出走表で選手名を確認したりという行為は一切行わず、完全暗記、台本を読まないアドリブ実況を徹底しています。

また、台本等を一切使用しないからこその「素のリアクション」で起きたことをそのまま、見たものを見たたま、思ったことをハッキリと口に出す、「歯に衣着せぬ実況」をすることを大切にしています。

「なるほどレースナビ」では、解説の柴田稔、牧野俊英両氏から少しでもファンの皆様に有益な情報を引き出せるよう、そしてどこよりも明るく楽しい放送を心がけています。

実況には正解もゴールもありませんが、自分なりのアプローチでボートレース浜名湖を盛り上げていけるよう今後も邁進していきますのでよろしくお願いいたします。

メディアターナー山口新之輔
なるほどレースナビ

「出走表?」「スタート展示は何?」「周回展示って?」こんな声を初めてボートレース場に来たお客さま(初心者)からよく耳にします。 ボートレース浜名湖では、そうしたお客さまに、分かりやすく、的確なレース解説を提供しています。 解説には、浜名湖を誰よりも知り尽くした元ボートレース選手(静岡支部所属)の柴田稔、牧野俊英両氏。 スタート展示のピット離れの良し悪しから始まり、実際のレースでのコース変更の可能性、スタートタイミングや気配などを。 周回展示では1コーナーでの6艇のターン周りの足、レース終了後のリプレイではレースの勝敗の決め手、選手の立場からのレースの読みと展開のあやなどを解説します。

ともにボートレース界を代表するトップレーサー、
この2人が一節毎に浜名湖のレースを解説。
  • 柴田さんは「インの鬼」として記念レース12回優勝。通称「キバタ(インの鬼 柴田)」(平成17年3月引退)

  • 牧野さんは外からの捲りで記念レース2回優勝。通称「マッキー」(平成16年1月引退)

普段とは違った体験を、新しい趣味として100円で始められる「ボートレース」で遊んでみたいと思っていたあなた、この機会に「ボートレース浜名湖」へ足を運んでみてください。 「一人ではちょっと..」とお考えならご友人を誘ってご来場ください。初めての方にもボートレースをわかりやすく教える「ボートレース初心者ツアー」も常時おこなっています。