BOATRACE 浜名湖

04/13(火)

開催中

お知らせ
4月3日更新 「新型コロナウイルス感染防止対策について」内容を一部追加いたしました。    【4月7日に中間整備情報を更新いたしました。】    

次節のレース展望

あと
3日

一般

スポーツ報知ビクトリーカップ
4月
16
17
18
19

4335

4335
若林将

4297

4297
山田哲也


スポーツ報知ビクトリーカップは4月16(金)から19日(月)までの4日間開催。
登録番号3000番台が15名、4000番台22名、5000番台5名と幅広い年代構成となっています。

そんなシリーズをけん引しそうなのが若林将・山田哲之・飯山泰の東京支部3選手。優勝戦線の中核となるでしょう。

若林将選手は昨年11月からの来期適用勝率を7.03としており参戦メンバーの中で最も堅調。3連対率は75.4%に達しています。
20代の頃のような一撃タイプではなくなりましたが、流れの中でレースの主導権を握る自在性は秀逸。相性のいい浜名湖水面を席捲することでしょう。

また、迫力あるスタートをはじめ高い調整力を誇る山田哲之選手は昨年V5。今年は2月に津で優勝するなど勢いに陰りはありません。
攻めを基本とするレースゆえ勝ち味が早く、あっという間に先頭へ抜け出していきます。昨年11月以降の1着率は、なんとおよそ39%。とにかく勝つレースが光ります。

そして、「締めまくり」の飯山泰選手からも目が離せません。
学生時代、野球で鍛えた心身は鋼のようにたくましく、人のために働く気概を持ちあわせています。「ファンの皆さまが望む通りに走りたい」とは本人の弁。そのカタチが「しぼりまくり」です。

そのほか…
3月半ばの桐生7日間レースでオール3連対Vを成し遂げ近況勢いのある愛知の精鋭・坂元浩仁選手

自在性の高いレーススタイルに派手さはないものの、ボートレースファンを唸らせる巧みなさばきが光る向後龍一選手

当節参戦の5000番台の中で最も伸長著しい4.06の勝率をマーク。平均コンマ14のスタート力が武器となっている久保原秀人選手

来季適用勝率は、A1ボーダー付近の6.15。このシリーズの後は多摩川ゴールデンウイーク戦と、伸るか反るかの大勝負となる野澤大二選手

地元参戦メンバーは渥美卓郎・吉村誠・牟田奨太の3選手。中でも3連対率57.7%と舟券貢献度の高い吉村誠選手など、多士済々です。

4月16(金)から19日(月)までの4日間開催、スポーツ報知ビクトリーカップにご期待ください。

場外発売

展望 出走表・予想PDF データファイル
開催日程 施設案内 静岡支部